ニキビ治療にも効果的!?低用量ピルの効果と副作用について

低用量ピルがニキビ治療に効果があるって知ってましたか?ピルでニキビがよくなるのは一種のホルモン治療のようなもので、ピルを飲むことによってホルモンのバランスが整えられるからなんです。ニキビ治療の目的のために、皮膚科で皮膚の改善効果のある低用量ピルを処方されることもあるのです。

しかし、低用量とはいってもピルを服用するのは…という人もいるのではないでしょうか。そこで、ニキビ治療にも効果的な低用量ピルの効果とその副作用について説明していきたいと思います。

ニキビの原因ってホルモンの変化が原因だった!

ニキビの原因はホルモンの変化
生理になるとニキビができてしまって、毎回ブルーという人もいるのではないでしょうか。生理によって女性はニキビになりやすいのです。その原因は、生理になると黄体ホルモンが過剰に分泌されるからです。黄体ホルモンは女性ホルモンの一種で、黄体ホルモンが分泌されると皮脂の産出が増えます。皮脂が多くなるとニキビの原因になってしまう、ということなのです。

黄体ホルモンは男性ホルモンと働きが似ていて、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまうのです。色素沈着などの症状が出て、肌のコンディションが不安定になってしまうといった原因にもなるホルモンといえます。そして、この時期は体温が高くなるので、体温上昇によって炎症を起こしやすいともいわれているのです。

逆に、エストロゲンは女性的なホルモンで、美肌効果があるといわれていて、エストロゲンの量が増えている時は、女性は肌のコンディションがいいといわれているのです。せっかく生理が終わって肌の調子がいい状態が続いていたと思ったら、またニキビが!という状況が多くて、このような種類と量が女性の生理周期のなかで変化することがニキビの原因といわれているのです。

ニキビ治療にも効果的!低用量ピルはホルモンコントロール剤

黄体ホルモンは男性的なホルモンといわれていて、男性的なホルモン作用の1つに過剰な皮脂分泌があって、女性は黄体ホルモンが増えている時期にニキビになりやすいのです。黄体ホルモンは生理頃、量が増えますので、女性は生理によってニキビができやすくなるといわれています。

低用量ピルを服用すると、ホルモン治療をするのと同じ効果が得られ、そのことで、体内に絶妙ともいえるホルモンバランスの変化が生じて、黄体ホルモンの作用が減少するのです。すると、皮脂の分泌も減少するので、ニキビが発生しにくい状態になります。皮脂分泌が少ない肌の環境を整えることにもつながり、ニキビの改善に効果があるのです。低用量ピルは、1か月あたり大体1000円くらいから購入することができるので、価格もそんなに高くなくて、ニキビ用に低用量ピルが開発されたことで副作用も少なくなりました。

ピルと聞くと副作用が強そうなイメージですが、最近のニキビ用に開発された低用量ピルは副作用も少なくなり、皮膚科で処方もされたりしていますのでとても身近になっているといえますね。

薬品だから心配!低用量ピルの副作用

低用量ピルの副作用が起こる女性
低用量ピルというのは、エストロゲンとプロゲステロンのバランスを整えてくれて、黄体ホルモンの分泌を抑制する効果があって、そのため黄体ホルモンによるニキビを事前に効果的に予防してくれるという作用があるのです。

しかし、確かに一昔よりも副作用の発生率も下がったといわれていますが、低用量ピルはやはり薬ですので副作用については知っておく必要があるのです。全く副作用がないわけではなく、副作用として吐き気や腰痛、乳房の張りといった症状を引き起こするといった副作用が報告されているのです。このような副作用の症状は、低用量ピルを飲み始めによく引き起こされるといわれています。

副作用も飲んでいるとだんだんと落ち着いてくる

とはいっても、2、3ヵ月ほど低用量ピルを使用することによって、だんだんと体が慣れてきて、副作用の症状も落ち着いていくという傾向があるといわれています。ただ、副作用が起きたという場合には、医師にきちんと伝えておくようにしましょう。

まとめ

効果と副作用を知って、検討する女性
女性は生理中にニキビが増えるという人も多くいます。このようなニキビの原因の1つが男性ホルモンに近い黄体ホルモンの増加でした。黄体ホルモンが増加すると過剰な皮脂分泌が増えます。そのようなホルモンのコントロールという点で低用量ピルが注目されているのです。低用量ピルはニキビ治療の目的で皮膚科でも処方されたりしている医薬品です。低用量ピルには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスを整えて、ニキビの症状改善をしてくれる効果があるのです。

低用量ピルは現在では一般的になっています。しかし、薬なので副作用もあって、吐き気や腰痛、乳房の張りといった症状が飲み始めの初期頃、感じられるという人もいるのです。
このような副作用が気になるという人は、医師に低用量ピルについて効果や副作用などをしっかりと確認してから、効果と副作用のバランスについて検討しておくようにしましょう。